【バジリスク絆2(バジ絆2)】実践報告。要注意!ホールは設定「2」を積極的に使っている!

実践稼働報告

バジリスク絆2の高設定狙いを行う際に、気を付けなければいけないこと。それは設定2のワナともいえるホールの設定戦略です。

本来、ホールのスロットにおける最低設定は「1」であり、通常営業ではどの機種でもたいていの場合ほぼ全台が設定1となっているホールがほとんどです。

ですが、バジリスク絆2に関しては、最低設定は「2」であると認識しておいた方がよいかもしれません。

バジリスク絆2でなぜ設定「2」が使われるのか

本来は設定1が使われるはずのスロットにおいて、なぜバジリスク絆2では設定2が使われるのでしょうか。

一番の理由は、「お客に一瞬でも高設定だと思わせることができる」からです。

バジリスク絆2は、バジリスクチャンス中の演出で設定を示唆する演出があり、設定2以上確定や、偶数設定確定といった演出が存在します。

そして、それらの設定示唆演出は、1日稼働していれば1回か2回は出るような出現率になっていると思われます。(詳細な出現率は公開されていません)

高設定台狙いで稼働していたときに、設定2以上確定演出や、偶数設定確定演出が出たら、これはもしや高設定かも?とお客に思わせることができるのです。

ホールの特定日や新台入替日などには、本物の高設定に混ぜて設定2を使うと、実際の高設定にまぎれて、設定2も高設定に思われて稼働がつくかもしれないというわけです。

バジリスク絆2の設定2のスペック

バジリスク絆2で設定2が使われる理由のもうひとつが「設定2でも設定1と変わらず回収できる」ということです。

ホールにとって大変ありがたいというか、都合の良いことに、バジリスク絆2の設定2の機械割は、設定1に毛が生えた程度のものです。

バジリスク絆2のスペックは以下になります。

設定通常時BCBT初当り機械割
11/139.41/525.697.4%
21/132.81/453.398.6%
31/134.11/457.7102.0%
41/128.11/371.4106.1%
51/125.41/370.9110.1%
61/110.21/235.7112.9%

バジリスク絆2の設定2の機械割は100%に届かず、ホールは設定2であっても回収はできるのです。

他の機種では設定1でバジリスク絆2の設定2ぐらいの機械割のものもありますので、それを思えば大したことではありません。

こうなると、ホールが設定2を積極的に使うのは納得というか、逆に設定1を使う理由があまり無いですね。

ホールとしては、設定1を使うよりも、設定2にしておいて、お客が多く投資してくれるのを狙っているというわけです。

ホールのワナにかからないように…

私も実践でバジリスク絆2を稼働することがありますが、実際のところ結構な割合のホールが設定2を投入しているようです。

自分の台と両隣が偶数設定確定演出(246人撃破)が出るなんてこともありました。

もちろん3台とも高設定ではありませんでした。

ホールは積極的に設定2を投入するということを認識しておかないと、特定日での高設定狙いのときほど、偶数設定確定演出の出た設定2を追いかけてしまうというようなことになりかねません。

高設定か否かを判断するには、やはりバジリスクチャンスからバジリスクタイムにつながる割合でみるべきです。

設定2はあからさまにそこが弱く、何回もバジリスクチャンスを引かないとバジリスクタイム当選とはなりません。

参考記事:「【バジリスク絆2(バジ絆2)】高設定を稼働しました!挙動解説します。

まとめ

バジリスク絆2は設定2がホールでよく使われているという話でした。

高設定狙いをするときは、ホールの設定2のワナには気を付けましょう。

実践稼働報告

ブログ村のランキングはこちらから。

押してもらえると、ケンシロウのようにヤル気が湧いてきます↓
にほんブログ村 スロットブログ スロット攻略・裏技へ

スポンサーリンク
勝つコレ! パチンコ・パチスロ 勝つにはコレひとつだけ!

コメント