総勝レベル①

基本編

パチンコ・パチスロにおいて、勝つためには勝つ人の「考え方」になることが必要なことは述べました。

そして、考え方には人によって差が大きくあります。ここでは、パチンコ・パチスロに対する考え方のレベルを分類することにしています。

総勝レベルとは

パチンコ・パチスロをする人(パチンコ・パチスロユーザー)を、「考え方」の違いから5つのレベルに分類します。

あなたがこれらのレベルのどこにいるかによって、あなたの収支(期待値)はほぼ決まってきます。

レベルの名称は「総勝レベル」です。

必勝でも、常勝でもありません。必ず勝つ、常に勝つ、というわけではないのです。総合的に長い目で見て勝つことのできるレベル、という意味になります。

ぜひ、あなたがどのレベルに該当しているのか考えながら読んでいって頂きたいです。レベルは最も負ける人の考え方が「1」、最も勝てる人の考え方が「5」となっています。

総勝レベル1:パチンコ・パチスロは好きに遊ぶものだ

〇パチンコ・パチスロを打つ時には、自分の好きな台を好きな時間から好きなだけ打つ。新台が空いていたらとりあえず打ってみる。

〇居心地のいい、かわいい店員がいる、接客の良い、近い、きれいな、なんとなく行きたいホール(パチンコ屋)に行く。

〇パチンコ・パチスロは遊び、楽しいヒマつぶしだ。

上記の考え方を持つ人は、総勝レベル1の人になります。

まあ想像がつくと思いますが、まず間違いなく負けています。

万が一勝っているとしても、そのまま放っておけば自然に負けに落ち着きます。

ホール(パチンコ屋)にとって、このレベルのお客は本当にありがたいお客様となります。打つ頻度にもよりますが、週末だけ打ちにいったとしても平均して月間5万くらいは負けることになります。

全パチンコ・パチスロユーザーの20%くらいがこのレベルに属しています。

総勝レベル2:期待値以外の理論に基づいて打つ

〇流れを読んで、出そうな台を打つ。波を読み切ることができれば勝てる。読みが甘いと負ける。

〇運がよさそうな日、調子がいいときに打つ。運が悪いときは打たない。

〇見た目、出玉が多い店で打つ。

〇オカルト理論に基づいて打つ。

上記の考え方を持つ人は総勝レベル2の人になります。

収支はもちろん負けです。負け額はレベル1の人とほぼ変わりがありません。

唯一の差は、勝とう、勝ちたいという考えがあるかないかです。勝ちたいという気持ちがあるだけレベル1よりはマシなのですが、上記のような間違った理論に支配されている限り、トータルで勝ち続けることはありません。

全パチンコ・パチスロユーザーの20%くらいがこのレベルに属しています。総勝レベル1の人と同じくらいの割合です。

総勝レベル3:期待値の考え方に基づいて打っているが勝てない

〇パチンコ・パチスロの雑誌(攻略誌)を読んでいる。ネットで情報を仕入れたりしている。

〇自分が打つ機種のボーダーラインや、ハイエナすると期待値が100%を超えるラインを知っている。

〇自分の去年の収支を正確には把握していない。把握しようとしていない。

〇ホール(パチンコ屋)に行ったら、何かしら打つ。打たずに帰るということはない。

上記の考え方を持つ人は総勝レベル3の人になります。

このレベルでもまだ収支はマイナスです。ただマイナスの額は少なくなります。

このレベルにいる人は、あと少しで勝ち組になれるのですが、非常に惜しい状況です。知識もあり、勝つための基本はわかっている。ただそれを実行に移していないか、実行するための方法がわかっていないか、実行しているつもりになっているか、という状況です。

全パチンコ・パチスロユーザーの45%、全体の半分くらいの人がこの総勝レベル3に属しています。

総勝レベル1〜3は長期的にみてマイナス収支

以上の「総勝レベル3」までが、パチンコ・パチスロユーザーのうち、収支での負け組に分類されます。

総勝レベル1から3までで全ユーザーの85%を占めています。

これらのレベルの人は、本ブログの内容を参考にしていただいて、ぜひとも勝ち組であるレベル4以上へと成長してほしいと思います。

ただ、「いくら負けてもいいからパチンコ・パチスロを楽しみたい」という人は、残念ながら本ブログが力になれることはあまりありません。

そういう楽しみ方もあるということは否定しません。

次に、収支での勝ち組に分類される、総勝レベル4、5を解説していきます。

次の記事:総勝レベル②

基本編
スポンサーリンク
パチンコ・パチスロ 勝つにはコレひとつだけ!

コメント