高設定・甘釘台をツモった。さあ、どうする。

実践編

高設定や甘釘台など期待値がプラスの台をいかにしてつかむか、という話は各記事でも書いてきていますが、そういった期待値がプラスの台をつかんだ後にどうするか、という話も実は重要かと思います。

高設定・甘釘をつかんだ後は

パチンコ・パチスロにおいて、高設定や甘釘台をつかむためにどうするか、を考えたり調べたりする人はいますが、実際につかんだ後の話については意外と語られないことが多いかと思います。

ここでは高設定台や甘釘台をつかんだ(ツモった)場合にどうすべきかについて書いていこうと思います。

先に結論からいうと、勝つことを前提としていて高設定・.甘釘台をつかんだ場合、ただひたすらブン回すのが正義といえます。

パチンコの甘釘台であれば、オーバー入賞しない程度に保留を切らさず打ち続け、より多くの回転数を稼ぐ、ですね。

スロットの高設定台であれば、常にフルウェイトとなるようにして回転数を稼ぐ、となります。

パチンコにしろパチスロにしろ、大事なのはとにかく回転数を稼ぐことです。

期待値(機械割)が100%を超えている台を打つ場合、試行回数が多ければ多いほど期待値に近づく可能性が高くなります。

つまり勝つ確率と勝つ額が上がるということです。

ブン回すときに有効な作戦

勝ちたさの具合によってどこまでやるかは変わってきますが、以下が高設定台・甘釘台をつかんでブン回すときに有効な作戦です。

・食事休憩は取らない

・水分をあまりとらない(トイレに行く回数を減らす)

・玉詰まり解消、コイン補給など、店員さん作業で回せない状況のときにトイレに行く

・携帯電話/スマホの電源を切る(気を散らす要素を遮断する)

・閉店ギリギリまで打つ(機種によりヤメ時は考慮する)

繰り返しますが、どこまでやるかはあなたがどこまで勝ちたいかによります。高設定・甘釘らしき台でこれらを実践し、台から全く離れない人がいたら、総勝レベルの高い人と見て間違いありません。

隣の人の台が高設定や甘釘台っぽい、ということはよくありますが、そういう場合にその人が席を立つことが多くて全然回されなかったりすると、私はとてももどかしく感じます。

せっかくホールが「さあ、出してください!」という台を用意してくれているというのに、なんてもったいないんだろうと思ってしまいます。

まとめ

高設定・甘釘台をつかんだときは、可能な限りブン回しましょう。

実践編
スポンサーリンク
パチンコ・パチスロ 勝つにはコレひとつだけ!

コメント