勝ちに2種。

実践編

パチンコパチスロにおける勝ちと負けには、それぞれに2つの種類が存在します。それぞれの違いを認識したことがあるでしょうか。

ここでいう2つの種類というのは、期待値を追って発生した結果なのか、そうでないのか、の違いによるものです。

計4種類の勝ち負けが存在する

つまり、勝ちには「①期待値を追求した勝ち」と「②期待値を追求しなかった勝ち」の2種類があり、負けには「③期待値を追求した負け」と「④期待値を追求しなかった負け」の2種類が存在します。図にするとこんな感じですね。

「①期待値を追求した勝ち」と「④期待値を追求しなかった負け」については、特筆して述べるべきことは何もありません。行動と結果が一致しているからです。

よく考えるべきは、行動と結果が一致していない、残りの2つのケースです

パチンコパチスロで勝ち続けるためには、「②期待値を追求しなかった勝ち」を反省し、「③期待値を追求した負け」を誇るべきなのです。

勝ったのに反省し、負けたのに誇る。この意味をわかっていない人はとても多いのです。

「期待値を追求しなかった勝ち」は、猛反省すべき

期待値を追求していなくても、勝ったならそれが正解、と考える人のなんと多いことでしょう。

また、負けた場合でも期待値を追った結果として負けたのであれば、それは勝ったに等しく誇ってよいのです。

むしろ、負けていてもあきらめず稼働したという意味では、単純に勝った場合よりも褒めたたえられるべきであると思います。

具体的な例をあげると、「②期待値を追求しなかった勝ち」は、特定日でもないのに打ちに行き、ハイエナするわけでもなく稼働したところ、プレミア役を引いたり、たまたま連チャンしたりして大勝ちしたパターンです。

このパターンは本来、勝ち続けられるはずはなく、稼働したことを猛反省しないといけません。ですが、勝ってしまったことにより、この立ち回りは悪くない、はたまた、次回も同じように稼働しよう、と勘違いしてしまうのです。

まとめ

パチンコパチスロで勝ち続けるためには、期待値を追求しなかった勝ちは、猛反省しなければならないのです。

次の記事:「負けに2種。

実践編
スポンサーリンク
パチンコ・パチスロ 勝つにはコレひとつだけ!

コメント