ホールはあなたを狙っている。パチンコ・パチスロ好きなあなたへ。

実践編

ホールはあなたを狙っていると言っても、別に遠隔操作で個人攻撃をしているといった話ではありません。

パチンコ・パチスロで長期的に勝ち続けるためには、ただたくさん打つだけではなく、ホールの狙いにハマらないよう我慢することも大切という話です。

打つべきでない台をどれだけ打つのを我慢できるかは、長期的な収支に大きく影響を与えてきます。

ホールは打ちたがりの人を狙っている

パチンコ・パチスロを始めて間もない人は特にですが、基本的に打ちたくてたまらないという人が多いです。

ですが、ホールはそういう打ちたがりの人を狙っているのです。

「打ちたい」という衝動は、我々の判断力を鈍らせます。

具体的には、期待値がプラスであるかビミョーな台であったり、プラスでもたいしてプラスでもない台があった場合、打ちたがりの人とそうでない人では、打つかどうかの判断が変わってきてしまいます。

誰しも、思い当たるフシがあるのではないでしょうか。

打たないという選択。最初のうちは難しいが…

そもそもホールに来ている時点で、打ちたい状況にあるわけですから、打てるかもしれない台を目の前にして我慢するのは、慣れない人には難しいことです。

しかし、そこで中途半端な台を打たずに我慢できるかどうかは、ひとつの試練なのです。

幸いなことに、この手の状況は一度我慢できてしまえば、次に同じ状況になった場合にも我慢ができるのです。

そう、これは、成長ですね。

そして、打たなかったとしても、打とうとしていた台は他の誰かが打つことになるので、打った場合の結果を知ることだってできるのです。

長年勝ち続けてきた経験から間違いなく言えることは、勝ち額を大きくすることよりも、打つべきでない台を打ってしまうことによる負け額を少なくする方が、圧倒的に簡単だということです。

まとめ

パチンコ・パチスロで長期的に勝つためには、負け額を抑えることが重要です。見るだけで打たないことで、あなたのレベルが上がります。

参考記事:「打って勝つより打たずに負けない

実践編
スポンサーリンク
パチンコ・パチスロ 勝つにはコレひとつだけ!

コメント