打って勝つより打たずに負けない

実践編

パチンコ屋(ホール)に行った時、一番長くするべき時間は打つ時間ではありません。勝つことを考えた場合、一番長くすべきは「見(けん)」の時間になります

見(けん)とは

見(けん)とは、ギャンブル関係でよく使われる言葉で、勝負に参加しない、様子を見る、の意味です。

このブログを読んでいる方は私と同じでパチンコ・パチスロが好きな方だと思いますが、場合によっては打ちたい気持ちを抑えて、様子見に徹することも必要だという話です。

朝一でいきなり甘釘台や高設定をつかんで粘り倒す、ということもあるにはありますが、そういった理想的な展開になることは多くはありません。

朝一の高設定狙いに失敗した場合、期待値100%を超える台はそうたくさんあるものではないので、例えばハイエナであれば、期待値100%を超える台を探し回るなど、実際に打たない時間の方が長くなります。

また、打つことによって周りの状況が見えにくくなり、移動もしづらくなるので、迷ったら打たない、という考えのほうが勝ちにつながってきます

好きな人ほど、「見」は大変

ついつい打ちたくなってしまい、期待値100%を超えるか微妙くらいの台を打ってしまい負ける、なんてことは、負けている人にありがちな話です。

パチンコ・パチスロ好きにとって、打てる台があるのに打たない、というのは、結構キツい判断かと思います。打ちたければ打ちたいほどストレスもたまります。だがこのあたりの考え方が総勝レベルの違い、ひいては収支につながってくるのです。

ぜひとも自分に打ちかち、「見(けん)」の時間も楽しめるようになってほしいです。

まとめ

パチンコ・パチスロで勝つために、ホールで重要視するべきは、打つ時間ではなく「見」の時間なのです。

実践編
スポンサーリンク
パチンコ・パチスロ 勝つにはコレひとつだけ!

コメント