ヤメどき?それは、明確です。

基本編

パチンコ・パチスロを始めたばかりの初心者の方にありがちな悩みが、「いつヤメたらいいのかわからない」や「ヤメどきを誤ったので損した」といった、ヤメるタイミングに関するものです。

先に答えを言ってしまうと、ヤメどきは究極的には2種類しかありません。「無い」か「打つ前」かです。

ヤメどきは「無い」か「打つ前」か

何を言っているのか意味不明かと思うので、解説していきますね。

そもそも「ヤメどき」というのは、今打っている台で一番損せずにヤメることができるタイミングのことですよね。

スロットにおいては、当たりやすいゾーンだとか、高確/低確といった概念がある台が多いため、普段より当たる確率が高い区間が終わったらヤメる、というのが一般的にいわれるヤメどきです。

これについては全くその通り。各機種ごとのヤメどきを勉強しておかなければなりません。

いっぽう、パチンコにおいては、完全確率であるため、通常時(確変中やST中や時短中などの、プレイヤーに有利な区間以外)はいつヤメても全く問題はありません

さて、しかしここで少し考えてみていただきたいです。

あなたが打っている台をヤメようとしているということは、その台の期待値がマイナスだと気づいたから、ヤメようとしているのではないでしょうか。

期待値がプラスの台であれば、打てば打った分だけプラスになるので、そもそもヤメどきは「無い」のです。(もちろん、閉店時間を考慮して、当たりを取り切れるタイミングでヤメるという意味のヤメどきはありますが。)

そう。ヤメどきをいつにするか考えているという時点で、期待値マイナスの台を打っているという自覚があるということになるのです。(ハイエナは、当たり後に期待値マイナスになったタイミングでヤメる戦略であり、ヤメどきはハッキリしています。)

期待値マイナスの台は、打てば打っただけマイナスが拡大するため、ヤメどきは「打つ前」、つまり打たないことが最善、ということになるのです。

ただ、見た目だけで期待値がマイナスか否かを見抜くのは大抵の場合できません。

もう打ってしまっているよ、というときは、いまこのタイミングこそがヤメどきということになります。(期待値マイナスだと気づいたときは。)

まとめ

ヤメどき、はスロットにおいては機種ごとに勉強し、調整する必要があります。それ以外の基本的なヤメどきは

期待値プラスの台:無い

期待値マイナスの台:打つ前(今すぐ)

となります。

基本編
スポンサーリンク
パチンコ・パチスロ 勝つにはコレひとつだけ!

コメント