新台ではなく新台入替日を狙おう

実践編

パチンコ・パチスロで勝つためには、考え方選び、店選び、台選びの順で重要性が高いです。

考え方選びの話は他の記事に譲るとして、店選びをする際に検討すべき、新台入替について考えます。

ホールの特定日と並んで検討すべきなのが、新台入替日の稼働です。

新台入替日は現代版のイベント日

ひと昔前、ホールは「イベント」と呼ばれる、甘釘台や高設定台を入れてお客を呼び集める告知をすることができました。

しかし現在では、大々的にイベントを告知することは禁止されています。

そこでイベントに代わって集客をして出玉をアピールすることができる日が、新台入替日や旧イベント日(◯のつく日などの特定日)なのです。

ホールにもよりますが、新台入替日や特定日に甘釘台や高設定台を投入するホールはまだまだ存在します。

それをいかに足と頭を使って探し出すかが肝要です。

狙うは「新台」ではなく「新台入替日」

ですがここで注意しなければならないのは、新台入替だからと言って必ずしもアツい日というわけではないことと、新台そのものは回収されることもあるということです。

現在、昔と比べると新台の命は短く、ヒットしない台は導入後すぐに稼働しなくなり、ホールは採算が合わなくなります。

鳴り物入りで導入されたものの、あっという間に打つ人がいなくなり、通路となって1ヵ月ももたず撤去される、という光景は見慣れたものになってしまいました。

ホールとしても、せっかく新台を甘くして出してもその台がヒットせず、回収する前に撤去となり、出し損となってしまうリスクは抱えたくありません。

新台は割と放っておいても稼働するので、新台入替初日からゴリゴリ回収するといったホールは多いのです。

新台は回収される傾向にあるものの、一方、ホールに長いこと設置されている台(人気台)については、新台入替日には甘釘/高設定が入りやすくなります

それは、新台と違って即撤去されるリスクがなく、出玉アピールが印象に残りやすいからです。

こういった、新台入替日に、長期的に設置される機種を甘く使うホールは存在します。

そのようなホールは多いとは言いがたいですが、見つけることができれば、グッと勝ちやすくなることは間違いありません。

まとめ

新台そのものではなく新台入替日を狙うという作戦もあります。新台入替日に人気台が甘釘/高設定が入るかどうかは要注目です。

実践編
スポンサーリンク
パチンコ・パチスロ 勝つにはコレひとつだけ!

コメント