どうしても打ちたくなってしまった時は

知識・雑学

期待値100%を超える台を打ち続けるためには、「見(けん)」の時間が長くなるということは述べました。

でもやっぱり猛烈にパチンコ・パチスロを打ちたくなってしまう時はあるかと思います。しかし、甘釘台も高設定台もハイエナ台も空いていない。そんなときはどうするのが正解でしょうか。

打つ台が無いときには…

パチンカー・スロッターである以上、打てない時ほど打ちたくなってしまうものですが、そんな時、私はよく「ホールで打ったつもり貯金」をしていました。

私がガンガン稼働していた学生の頃は、今のようにアプリで簡単にパチンコ・パチスロを打てるような環境ではなかったので、プレイステーションの実機ゲームを買ってきて、ゲームをしていました。

ただゲームで回しているだけだと何も面白くないので、実機さながらに1,000円貯金したらメダル50枚分稼働できる、といった具合に、ホールと似た状況となるようにしていました。もちろん設定は1ですね。

「ホールで打ったつもり貯金」であっても、「出たら出た分の金額を貯金から引き出して自由にしてよい」としていました。これならば打つ楽しみもあります。

設定1でも出てしまうこともあるにはありますが、長期的にみるとかなりの額を貯金することができます。設定1を打っているのですから、期待値の考え方からすれば当然です。

打ちたいときに、やってはいけないこと

打ちたいが打つべき台がない場合、いちばんやってはいけないことが、妥協してホールで打ってしまうことです。

実際にホールで期待値100%を下回る台を打ってしまい、ホールにお金を落とすより、自分の貯金箱にお金を落とすほうがよっぽど良いわけです。

「ホールで打ったつもり貯金」は打てる台が無いがどうしても打ちたい場合には非常にオススメの方法です。打つべきでないときに全く打たない、ということは最初のうちはとても難しいものです。

今の時代に感謝

さいわい、今は便利な世の中になったもので、無料でパチンコ・パチスロの実機を体験できるアプリがたくさんあります。

これはひと昔前までは考えられないことでした。当時はゲームですら打ちたいと思ったら、新品だと5,000円以上はするソフトを買う必要があったのです。

アプリなど無料や格安でパチンコ・パチスロのゲームができる、今の時代のパチンカー・スロッターは恵まれているな、と思う今日この頃です。

知識・雑学

ブログ村のランキングはこちらから。

押してもらえると、ケンシロウのようにヤル気が湧いてきます↓
にほんブログ村 スロットブログ スロット攻略・裏技へ

スポンサーリンク
勝つコレ! パチンコ・パチスロ 勝つにはコレひとつだけ!

コメント