手広い構えのススメ 選択肢を増やす

実践編

パチンコ・パチスロで勝ち続けるためには、視野を広く持ち、手広く構えておくほうが断然有利です。

これは、ホール選び、戦略、機種ごとの知識、など、全てにおいていえることになります。

あなたの選択肢は広いだろうか?

選択肢を広げたほうが、期待値がプラスの台を打つチャンスが増え、収支の向上につながる、ということに異論はないはずです。

ここでは、パチンコ・パチスロ稼働において、選択肢を広げる、ということを考えてみます。あなたは、以下の視点での選択肢は十分に広いでしょうか?

①パチンコ・パチスロの選択肢を持っているか

そもそも、の話になるが、意外と、パチンコだけ、あるいはスロットだけしか打たない、という人は多いです。

これは、両方を打つ人からしてみると、チャンスが半分しかないことを意味しています

特に、パチンコだけ、という人はもったいないです。基本的に、スロットの方が勝つための戦略も多く、勝ちやすいのです。

②ホール選び

自分のお気に入りの店にしか行かない、という人のなんと多いことでしょう。

それは、ホール側としては常連の獲得に成功した、ということですが、勝ち続けるためにはそれでは限界があります。

新規ホールの開拓は楽しいですよ。ほかのホールにも特定日らしき日に足を運んでみましょう

③戦略選び

特定日の朝一から高設定/甘釘を狙うのか、ハイエナをするのか。ハイエナするにしても、ゾーン狙いをするのか天井狙いをするのか、といった、勝つための戦略の知識は十分でしょうか。

これらの戦略をすべて持ち合わせていれば、場合に応じて適切な戦略で臨むことができます

④機種ごとの知識

各機種における、期待値の知識です。

パチンコであれば、どの機種のボーダーラインは千円あたり何回転で、確変・時短中の止め打ちはどのタイミングで…といった情報ですね。

スロットならどの機種のゾーンは何ゲームから何ゲームで、天井は何ゲームで、天井狙い期待値は何ゲームからプラスで、やめどきはいつで…といった知識です。

これらの機種の知識は単純に多ければ多いほど、期待値がプラスの台を打てるチャンスが広がります

勘違いしないでいただきたいのは、機種の知識、というのは、演出の知識ではないということです。

海物語で魚群が出たからアツい、といった情報は演出の知識であって、ここでいう機種の知識ではありません。

現状の選択肢が少なくても…

さてさて、ここまで各種類ごとの選択肢についての例を挙げてきたが、あなたの持っている選択肢は十分に広かったでしょうか。

れは私の守備範囲に無かった…」という項目があるというのは、喜ぶべきことです。それはあなたに伸びしろがあるということなのですから。

関連記事:「店選びは台選びより重要① 店選びの基準」「店選びは台選びより重要② ホールタイプ別の戦略

実践編
スポンサーリンク
パチンコ・パチスロ 勝つにはコレひとつだけ!

コメント