店選びは台選びより重要① 店選びの基準

実践編

パチンコ・パチスロで勝つために、店選びは台選びよりも重要であると言えます。

あなたはどのパチンコ店(ホール)に行くかを決めるとき、どういう基準でホールを選択しているでしょうか?

ここで挙がってくる理由が、勝ちにつながる理由かどうかで、あなたの総勝レベル、そして総合収支がおのずと明らかになってきます

負ける人の店選びと、勝てる人の店選び

店選びの基準を、負ける人の店選びと勝てる人の店選びに分類します。

◆負ける人の店選び

・近い店

・快適な店

・有名どころの店

・客がたくさん入っている店

◆勝てる人の店選び

・甘釘(パチンコ)や高設定(パチスロ)がある店

・客付き2割〜8割の店

・ライバルが少ない店

・ホールのライバルが多い店

勝てる人の店選びは、それぞれが期待値に結び付く理由があります

甘釘や高設定がある店」は当然のことで、たいていの場合、それらの台が設置されない店には行く価値がありません。しかし、そういう店は非常に多いのです。最も気を付けるべき判断基準はこれです

次に「客付き2割~8割の店」ですが、これは自分が台選びをするだけの余裕のある店だということを意味しています。

ターミナル駅の駅近の店舗など、常に満席状態の店では台を選ぶ余裕がありません。

逆に客が少なすぎるというのは、集客できるだけの甘釘/高設定を入れていないということになります。

ただし、客付きが少なくても、ハイエナ台を拾いやすいといったことがあれば、選択の余地はあります。

私個人的には、客が少ない店のほうが台選びの幅が広がるので好きですね。

ライバルの少ない店」というのは、あなたのライバルとなる、甘釘/高設定/ハイエナ台を狙う人が少ない(総勝レベル2以下の人ばかりが理想)ということです。

これは、あなたが期待値100%を超える台をつかむ可能性が相対的に高くなるからです。

ホールのライバルが多い店」というのは、近隣にライバルホールが存在するホール、ということになります。

近くに別のホールが無い場合、特に集客しなくても、客は集まります。

ですが、近くに別のホールがあると、甘釘/高設定を使ってアピールする必要が生じるわけですね。

そうするとあなたがそれらの台をつかむ可能性が上がるというわけです。

避けるべき店とは

他にも、特別な理由のない限り、店側が客の期待値を削ろうとする行為を行う店は避けたほうが良いです。私の体験を紹介します。

すっかり死語になってしまったのですが、昔流行っていたスロットのストック機で、ストック消しを行う店がありました。

ストック機とは、成立したボーナスを内部に貯めておいて、それらのボーナスを一気に放出することで連チャンを発生させる機種です。

ですが、大きな連チャンを防ぐためにストックを消すホールが存在しました。

実際、私の友人がストック消し確定の状況に遭遇しました。「俺の空」という機種で、この台はリプレイが4連するとボーナス確定、5連で連チャンモード確定、という台です。

友人は朝早くにリプレイ5連を引いてテンションが上がっていたのですが、連チャンはおろか、ボーナス1つすら出てきません。友人の心中察するに余りあるところです。

こういった店側の悪質な行いは、打つ側の期待値を大きく下げてしまいます。

このような店では余程のことがない限り、稼働してはならないのです。

まとめ

店選びは考え方選びの次に重要で、台選びよりも重要です。勝てる人の店選びをしましょう。

実践編
スポンサーリンク
パチンコ・パチスロ 勝つにはコレひとつだけ!

コメント