打つ勇気はいらない。ヤメる勇気があれば。

実践編

パチンコパチスロを稼働していてよくあるパターンが、「甘釘台/高設定台だと見込んで稼働していたのだけれども、しばらく打っていたら、なんか違いそう」という状況です。

途中でボーダー以下/低設定だと思ったのだけれど、なんかだらだらと打ち続けてしまい、結局ノマれてしまった、という経験はないでしょうか。

心理学的に説明できる

私達はついつい、自分の稼働している台だけは甘釘なのではないか、高設定なのではないか、と考えてしまいます

じつは、自分の台がより良く見えてしまう、というのには、科学的な理由があります。心理学では有名な、一貫性原理というものです。

人は自分が一度決めたことを覆したくない、自分は正しいのだ、という心理が大きく働くのです。

甘釘/高設定だと思って続行した台をヤメることは、過去の自分を否定することになります。

だから、過去の自分の決定を否定することなく、ボーダー以下/低設定だとわかった後も打ち続けてしまいやすいのです。

ヤメる勇気が持てない人向けの対策がある

こういう状況になったときに、有効な策があります。

現在の状況やデータを整理し、一度台を離れて、その台が空いているとして自分が座るかどうか、を考えてみると良いです。

答えがイエスなら打ち続ければ良いです。ですが大半の場合、答えはノーとなるのです。

ヤメる勇気を持つというのは、期待値がマイナスの台を打ち続けないために必要なことです。

自分が一度打つと決めた台は心理的にヤメにくくなる、という人間の心理的性質を知っていれば、冷静な判断ができるのではないでしょうか。

まとめ

自分が甘釘/高設定だと思って稼働した台は、心理的にヤメにくい。一度、その台が空台だとしても座るかどうかを自分に問いましょう。

実践編
スポンサーリンク
パチンコ・パチスロ 勝つにはコレひとつだけ!

コメント