収支ではなく期待値を稼ぐ

基本編

期待値100%を超える台を打ち続けることで勝つことができるようになり、総勝レベル4以上の考え方が身についた人は、数回の勝負の収支結果よりも、期待値を稼ぐことのほうが大事だということがわかってきます。

期待値を「稼ぐ」とは

期待値を稼ぐ、というのは、パチンコ・パチスロで期待値が100%を超えている台を稼働することです。

考え方としては、アルバイトで時給◯◯円で稼ぐ、というのと同じです。

ここでポイントとなるのが、一回一回の稼働の結果として発生した収支は、稼いだ期待値とは全く関係ないということです。天井までハマって単発で負けようが、サクッと当たって連チャンし5,000枚出て10万勝とうが、稼いだ期待値は同じです。

例えば、パチスロのハイエナにおいて、1回のハイエナでの期待収支が2,000円の台があり、それを打ったとします。

そのとき、あなたが稼ぐ期待値はその後の展開にかかわらず2,000円です。

天井までハマって単発で負けたとしても、すぐに当たって万枚出たとしても、同じです。

数回の実践では、期待値通りの収支になることのほうが珍しく、結果は荒れます。ですが、期待値を稼いでいれば、長期的には期待値通りに落ち着きます

収支に一喜一憂するよりも期待値を稼ぐことの方が大事、ということを理解していると、総勝レベル3以下の人が陥りやすい罠を回避することができる。

よくある罠を回避できる

以下は、よくある、総勝レベル3以下の人が期待値を稼げる状況を捨ててしまうケースです。

・パチンコでよく回る台を確保したが、大きくハマってしまったのでヤメた。

・パチスロでハイエナできる台を見つけたが、もう今日はすでに10万負けているので打たないことにした。

どちらの状況も、期待値を稼ぐためには稼働するべき状況です。アルバイトの時給と同じで、期待値100%越えの状況であれば、より長く打ったほうがより期待値を稼げるからですね。

その日すでに大きく負けていたとしても、それは全く関係のないことなのです。

目の前の期待値100%越えの台は、明日にはそうでなくなっている可能性が高いです。稼働しましょう。

まとめ

期待値を稼ぐ、という概念を身につければ、より勝つための判断ができるようになります。

基本編
スポンサーリンク
パチンコ・パチスロ 勝つにはコレひとつだけ!

コメント