ヤメたらすぐ出されたという話。ヤメなかったとしても出せてないよ!

基本編

パチンコ・パチスロを打つ人の話でよくあるもののひとつが「私がヤメてすぐ次に座った人が爆出しするんだよね~」といったものです。あるあるですよね。

自称ヒキ弱の人などがよくする話ですね。状況やそのときの気持ちはよくわかります。

ですが、このような話をする人は、本気でそう思っているのだとすると、勝ち続けるためには考え方を改めなければなりません。

自分がヤメたあとに爆出しされると、印象に残りやすい

自分が座っていた台で、自分がヤメたあとに爆出しされると、印象に残ってしまい、とても損した気持ちになります。これは誰でもそうです。

ですが、自分がヤメたあとに打った人がクソハマりしていたらどうでしょう。

よかった打たなくて、と思って、そこまでですよね。

自分の選択は間違っていなかったのだ、となり、特に心に残るようなこともありません。話題性もないですよね。

ヤメた後に爆出しされた、というケースが記憶に残っていること、よく話に聞く気がするのは、その話が印象に残りやすいからなのです。

自分の隣に座った人がすぐ当たる、といった話もこれと同じです。

隣がハマりだしたところで別に普通ですが、自分がしばらく当たっていないのに、ポッと隣に座ったオジさんがすぐ当たる。これは印象に残りますよね。

そのままヤメなかったとしても、同じようには出ない

自分が打っていた台をヤメて、そのあとに座った人に爆出しされたとしましょう。

その場合、自分がそのまま稼働を続けていたとしても同じようには出ません。

パチンコでは特にそうですが、毎回完全抽選のため、自分が打ち続けた場合と、次の人に変わった場合では、当たりを引けるか引けないかは変わってきます。

なので、次の人が爆出ししていたからといって、自分が打ち続けていても同じ当たりは引けていないのです。

これは、自分がヤメたあとに爆出しされていたとしてもあきらめがつく、素晴らしい理論です。

「爆出しされてしまったけれど、自分が座っていても引けてないよ。うん。」と自分を説得することができるのです。

そうは言っても気になってしまうときは

理論的にはそうだとわかっていても、やはり自分がヤメた台で出されるのは気分のいいものではありません。

そういう場合は、自分の打った台のその後を見ない、というのも手かもしれません。

ですが、上級者、総勝レベルの高い人は、自らがヤメた台のその後を確認します。自分が辞めて正解だったのかを確認し、次回以降の立ち回りに生かすのです。

スロットの場合は、設定がどうだったか、というところをその後の出玉やハマり状況から推測することができるのですが、パチンコの場合は爆出しされていてもそれは甘釘とはたいてい関係ありません。

なので、パチンコの場合は、自分がヤメた台は見ない方が精神衛生上よさそうですね。

まとめ

自分がヤメた台で爆出しされたときでも、自分が続けていたとしても出せてはいません。

胸を張って、次回の立ち回りに生かしましょう!

基本編

ブログ村のランキングはこちらから。

押してもらえると、ケンシロウのようにヤル気が湧いてきます↓
にほんブログ村 スロットブログ スロット攻略・裏技へ

スポンサーリンク
勝つコレ! パチンコ・パチスロ 勝つにはコレひとつだけ!

コメント